FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狸取材記『とある海賊船』

先日のブラジリス取材も無事に終わり、オフィスでだらだら過ごしている時、それは起きた。

screeniris270.jpg

「バル君バル君」

一体何の用だ、というか近づいてくんな。

「なんです所長」
「いやね、次の取材地が決まったんだけど」
「は?前回の取材で一ヶ月分の仕事はしたと思いますが・・・・・・・・・?」
「いやそれがね」









screeniris274.jpg

ふっ・・・・・・なんでこんなことになっているんだろうか。
まさか所長が会社のお金をコモドのカジノにつぎ込んでしまったなんて、誰が思うだろうか。
いや、思うまい。
とりあえず所長には栓をした浴槽の中に縛って放置したあと、蛇口を捻っておいた。
今頃ドザエモンになっているだろうが、自業自得だ。

とにかくここはアルベルタから直通で来れる沈没船というものがあるところらしい。
何でも沈んだ海賊船らしいが・・・・・・・・・沈没というより陸に乗り上げた感があるのだが。
とにかく取材をするため取材スタッフは船をおり、現地の住人とコンタクトをとることに

screeniris275.jpg

こんなところでもやっているカプラサービス。
お姉さん、この島でいったい何年過ごしているんだろう・・・・・・。
サービス業も大変である。
しかしいつも思うが、こいつらの倉庫システムどうなってんだ・・・・・・・・・?
ちなみに次の場所に取材に行こうとした時、やたら引き止められた。

screeniris276.jpg

なんでももう一つ沈没船があるのだが、こっちはモンスター的な意味じゃなくて内部が崩れかかっている的な意味で危険で、入れないらしい。
正直ご苦労様です。
え?ついでに一杯やらないかって?
一応取材中なんで・・・・・・・・・いやいやいや、俺の酒が飲めねぇのかって貴方どこの泥酔オッサンですか!?

やたら酒を勧めたがる騎士団所属の方を振り切り、今度は多くの商品に囲まれた商人風の男がいた。
取材スタッフが彼に駆け寄ると、商人は嬉しそうに手を振ったが、話を聞いてみると目に見えて落胆していた。
どうやらこの島は殆ど誰も訪れなく、冒険者を見たのは久々らしい。
商売が成り立たないとぼやいていたが、それなら島から出ればいいのにと思ったが現地人の機嫌を損ねてはいけないので、仕方なく一つだけ商品を買って後にした。

screeniris277.jpg

・・・・・・・・・ん?
あれ、おんにゃのこじゃないか。
何してるんだろう、というかなんでこんな孤島にいるんだろうと思い、取材スタッフは話しかけてみることに。

「お嬢ちゃん?何してるのかな?水に浸かってると、風邪ひくよ?」

screeniris279.jpg

ガンムシかよ
警戒心が強いのだろうか・・・・・・とりあえず飴を与えてみるが、そうすると今度は蔑んだ目で見られた。
・・・・・・・・・帰りにもやってもらおう。

とにかく今回の目的である沈没船に入ることに。

screeniris280.jpg

便所フナ蟲!?
便所フナ蟲じゃないか!
前回のトイレの中といい、なんで俺の前に立ちふさがる!
・・・・・・・・・じゃなくてだな、ごほん。
散乱としているのはおそらく沈没船がこの島に乗り上げた際のものだろう。
まぁそんなことはどうでもいい。
部屋がいっぱい・・・・・・えっと、ここは

screeniris281.jpg

毒キノコに幽霊!?
何そのチョイス!?
この幽霊は・・・・・・・・・船員の幽霊か?

まぁそんなのはどうでもいい。
さくっと除霊して、次の部屋に入る。
・・・・・・・・・・面白そうなものはな・・・・・・・・!?
(゚Д゚ 三 ゚Д゚) キョロキョロ

screeniris282.jpg

金貨をこっそり懐に入れ、次の部屋へ。
どの部屋も似たりよったりだ。
次は・・・・・・・・・下か。

screeniris283.jpg

この辺りから浸水しており、フナ蟲が元気よく動く回っているのが見える。
というかキモイ。
えっと、まずこの部屋はっと・・・・・・・・・

screeniris285.jpg
・・・・・・・・・・。
!?
め、めーでーめーでー!

逃げ切れた・・・・・・船員はアンデッドとなってまだこの船に残っているらしい。
よく考えたらサクッと殺しちゃえばよかったが、まぁ次の機会にするとしよう。
この先は・・・・・・・・船底のほうに通じてるようだ。
何か通路にヒドラが等間隔で沸いてるが、ひょっとして栽培でもしてたのだろうか。
だが甘い!俺には㌧㌦というストーカー取材には適した技g・・・・・・・・

>
screeniris288.jpg

「がばばばっばばばば」

し、浸水してきやがった。
モウヤダカエリタイ。

といっても取材を終えずに帰るわけにはいかなく、さらに奥へと進む。


screeniris292.jpg

えっと・・・・・・・・・これは、ペノっち?
あなた、時計B3にいるんじゃ・・・・・・・・。
って痛い!?痛いよ!?
触手プレイ嫌いじゃないけど対象が俺なのは勘弁!

screeniris293.jpg

貞操の危機に陥りつつどっかの宝物をあさる取材スタッフ。
これは取材のためであって、私利私欲のために回収してるわけではない!

screeniris296.jpg

ゴーストリング・・・・・・・・・略してゴスリン。
ポ○モンみたいなノリで略されてるよね。

これは・・・・・・・・・地獄だな。

screeniris299.jpg

こっそり顔半分だけを水から出し、周囲をうかがう取材スタッフ。
どうやら退路を塞がれたらしい。
しかしここから生還してこそのドラマがあるんだー!

screeniris300.jpg

や、やめてよ苛めないで!
弱いものいじめ反対!






screeniris301.jpg

帰ってきた・・・・・・・いや、やっと帰れる。
今回はあまり良いものが・・・・・・というより、何もなかったな。
本当に取材する価値あったのか・・・・・・?(´・ω・`)
いや、考えまい。
次こそは・・・・・次こそは!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

o(゚Д゚ = ゚Д゚)o キョロキョロ

しょ、所長ーー!!!!!
……駄目すぎですね(´・ω・`)

今回は沈没船という所なのか。
そして──

ばるさんはドMの触手好きっと((φ(..。)カキカキ

今度は何処でどんなプレイをしてきてくれるのか!
所長共々楽しみにしておりますね♪(ノ´∀`*)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。